製作品紹介9

社章製作の経緯

旗イメージ

今回、ある会社の方から「優勝旗」を製作したいとのお問い合わせを頂きました。お問い合わせ頂いた時点で既にデジタルカタログから商品を選ばれていらっしゃいました。
今回ご注文頂いた旗は「既製優勝旗」という商品で、仕様・デザインが決まっており名入内容を決めるだけで製作が可能なものとなっております。また、個別に附属品をご注文頂かなくても必要最低限のセットになっているので、ご注文の際にお悩みになる事はありません。(※商品によってはセットの内容が違います。)また、様々なご相談は当社担当者がしっかりとご対応致します。
「既成優勝旗」以外にもご予算に応じて「特注旗」の製作も可能ですので、まずはお問い合わせ下さい。

  今回製作をさせて頂きました「優勝旗」は赤・紫から色が選択できます。
  品   番      HR-1854 C        HR-1853 C
  サ  イ   ズ   70㎝×100㎝(既製品は全てこのサイズです。)
  附  属  品   旗竿 三脚台 竿頭 保管ケース
  名入範囲   旗内上下の白い帯の部分

  ※附属品の説明はコチラ
 
HR-1854 C
生地:ポリエステル塩瀬(しおぜ)※1 昇華転写(しょうかてんしゃ) ※2


 
HR-1853 C
ポリエステル塩瀬 昇華転写
 


※1 塩瀬(しおぜ)羽二重(はぶたえ)※3の略称で厚地の羽二重のこと。
※2 昇華転写とは、昇華型インクで転写紙に印刷し、熱を加えインクを気化させて転写することでポリエステルに色材を定着させる技術。
※3 平織りと呼ばれる経糸(たていと)と緯糸(よこいと)を交互に交差させる織り方で織られた織物の一種。通常の平織りが緯糸と同じ太さの経糸1本で織るのに対し、羽二重は経糸を細い2本にして織るため、やわらかく軽く光沢のある布となる。